アクセス解析" /> 男の乾燥肌にはこれ!石鹸やインシャワーローションで痒み対策!

男の乾燥肌にはこれ!石鹸やインシャワーローションで痒み対策!

みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさんは冬になると背中や腰回り、首筋辺がかゆくなったりしませんか?肌が乾燥してフケの様な白い粉が出たりしてませんか?

自分は三十代後半になった辺りから、冬場はこの乾燥肌による痒みに悩まされ続けてきました。

その痒みが、最近試した「ニベア インシャワーボディーローション」で劇的に改善されました。最高におすすめの一品です!

この商品以外にも自分が実施してきた対策とその効果を自分の感想を含めた記事にしたいとおもいます。

「男の」なんてタイトルを付けてますが、男性用のケア用品ではありません。が、使用感が何となく男ウケするんじゃないかとおもいます。

と言う事で、今回はカブネタではありませんが、同じお悩みの方の参考になればうれしいです!

スポンサードリンク

乾燥肌ってどんな症状?自分の場合

一言に乾燥肌と言っても症状の出やすい場所や程度も人それぞれだと思います。

自分の場合は背中から腰回りが重症で、11月あたりからゴールデンウィークころまでお風呂に浸かっている時以外は常に痒く、がまん出来ずに掻いてしまうと白い粉が出てきしまいます。

汚い話ですみませんm(_ _)m

痒みは少ないですが、スネの辺りの乾燥も酷いです。

普段スーツで通勤しているので黒い靴下を常用していますが、帰宅時に靴下を脱ごうとすると、白い粉をふりかけたのかと思うくらい、乾燥した角質?が剥がれて靴下に付着しています。

自分場合は顔の乾燥は殆どありません。むしろ油っぽい位なので、お顔のスキンケアはしていません。

対策の是非。保湿系のケア用品に頼ると肌が弱くなる?

自分は皮膚科医でもなければ、スキンケアのプロでも無いので、ネットやテレビの聞きかじりですか、考えさせられる情報があります。

それは、「スキンケア用品に頼りすぎると自己の保湿能力が落ちる。」みたいな内容です。

理想の状態は、お肌が自ら乾燥に気付き、「保湿しなければ!!」ってなって自ら、乾燥を防ぐ油分や水分を補ってくれる事です。

しかし、スキンケア用品を使うと、お肌がこの「保湿しなければ!!」 って思うことが無くなり、自分の能力を低下させると言われています。

症状が出だした三十代の頃は、そんな情報を信じて保湿クリームなどの対策をしませんでした。

肌を強く、健康にする為の対策。

さてさて、そんなこんなで数年間は保湿クリームや乳液など水分や油分を補う様な対策はせずに、お肌を整えるために石鹸やボディーソープをいろいろ試してきました。

photo credit: arbyreed via photopin cc

photo credit: arbyreed via photopin cc

石鹸について

体を洗う唯一のアイテムが石鹸です。

いろいろ調べてみると石鹸にも種類がある事がわかりました。

薬用石鹸や、純石鹸などのお肌にいいとされる石鹸をドラッグストアやネット通販で購入して、使用しました。

 普通の石鹸

牛乳石鹸や花王のせっけんなど、石鹸にもいろいろあります。

一般的にドラッグストアなどで売っている洗体用の石鹸は、特にこだわりや、ことわりが無い場合は香りをよくする為の香料や、保湿成分であるグリセリンやショ糖などを含んでいます。界面活性剤に石鹸成分以外の物を多く含んでいる物もの多いです。

あとは泡立ちをよくする成分なんかも添加されているようです。

これらの添加物が肌の弱い人には悪影響だと言われています。

当然ながらメーカーさんも使い心地を良くする為に、香りをつけたり、保湿成分を配合したりしていますので健康な肌の持ち主には影響なないはずです。

純石鹸

詳しいことは専門サイトやwikipediaなどに載っていますので割愛しますが、要するに石鹸成分以外の添加物はほとんど使わないのが純石鹸になります。

香料はまだしも、保湿成分を添加しないと言うことはつまり、体を洗った後にすんごく乾燥するってことです。

これだけ聞くと、「お肌に良くないんじゃない?」って疑問が湧くと思いますが、肌を強くするって事を考えると、肌に付いた不純物を綺麗に取り除き、保湿自体は自らの力で生み出すので、「肌の健康には良い」という事になります。

実際に数年間使った感想ですが、普通の石鹸と違い、所謂「石鹸の香り」はほとんどしません。

純石鹸なのに石鹸の香りがしないってのも矛盾があるように感じますが、石鹸の香りって石鹸自体の香りじゃなくて香料による香りなんですね。

では、純石鹸の香りはって言うと、なんていうか油臭いって言うかロウ(ロウソクのロウです)みたいって言うか・・

けして良い香りではありません><

お風呂上りは肌が突っ張る感じで乾燥が進んでしまったように感じますが、しばらく使っていると肌が強くなったのか健康になったのか、とにかく日中の乾燥によるかゆみは緩和された気がしました。

と言うことで数年の間は純石鹸での洗体を行い、それ以外のケアは一切しませんでした。

症状の軽い方にはおすすめですよ。

自分が今も使っている石鹸です。

成分を見るとグリセリンは配合されていますね・・・

薬用せっけん

薬用石鹸といえばミューズ!ってくらいミューズは有名ですね。

薬用石鹸って何でしょう?

純石鹸とは違うアプローチでお肌に良いものを、って考えから出来ているのが薬用石鹸だと思います。

医薬部外品に分類されている様に、医薬品に近く、殺菌効果の高い成分などで作らています。

乾燥した肌に細菌などが取り付くと痒みが出たりするらしいので、乾燥肌のケアと言うよりもそれに伴う痒みの軽減などには効果が期待できるようです。

更に消炎剤や保湿成分も添加されている物もあり、こちらはまさに薬や保湿剤の代わりになるのかも知れません。

乾燥肌の原因の一つ老化><。こればっかりは受け入れるしかない・・・

そんなこんなで、肌の調子を整える対策を石鹸を中心に数年間やってきました。

が、ここ1~2年はどうにもこうにも痒さが収まりません><

自浄作用を期待した対策ではもう無理なんです。。老化なんです!!薄々気づいてたんです!認めたくなかったんです!!

でも諦めました。みとめました><

って訳で、潤い補給、保湿を今年から始めてしまいました\(^o^)/

photo credit: jypsygen via photopin cc

photo credit: jypsygen via photopin cc

ボディーローション

ジョンソンベビーローションやニベアボディーミルクなど、各社スキンケア用品のメーカーから販売されています。

奥さんの使っているボディーローションを塗ってもらいましたが保湿性能は抜群です!

塗ったそばからちょっとチクチクするような何とも言えない「染み込んでるなあああ」って感じがします。

その後は全く痒くなくなります。

しかし、自分はこの手のローションやクリームを塗ることに慣れていない為か、ベタつきが気になります><

シャツなどが張り付くような感じでなかなか気持ちいいものではありません。

おそらく世の男性諸君も自分と同じ様にベタつくのは苦手なのではないでしょうか?

保湿能力はすこぶる高いので、気にならない方にはおすすめです。

いや、むしろ自分もその感覚に慣れて使い続けたい位おすすめです!!

 ニベア インシャワーボディーローション

さて、大本命の登場です!

この冬から使い始めた「ニベア インシャワーボディーローション」

使い始めたきっかけはウチの奥さんか使い始めたってだけです。

ウチの奥さんは私以上に肌が弱く、毎年冬場はスネの辺りが赤切れみたいな症状になっています。

その奥さんのすすめで使って見ました。

使い方は実物の使用方法を参照してもらいたいのですが、ざつくり言うと

  1. 普通にお風呂に入る
  2. 普通に身体を洗う
  3. ニベア インシャワーボディーローションを塗り込む
  4. 多少の時間(自分は数分間)馴染むまで待つ
  5. 余分なローションをシャワーで流す

という感じです。

初めて使うとぬるつきが気になるかもしれませんが、塗ったあとにシャワーで流すことで、それほどは気にならないとおもいます。

ベタつきもなく、バスタオルで水分を拭き取ればシャツなどが張り付くような感覚も全くありません。

このローションを使う前は、お風呂上がり後五分もすると肌が突っ張る感じがしていましたが、そんな症状も全くなくなりました!

そして、何より痒みが全くありません!

今まで何を意地になっていたのかって位快適に過ごせるようになりました!

微香性とフローラルの香りの二種類がラインナップされていますが自分は微香性を使用しています。

塗っている最中は香りがしますが、お風呂上がりに服を着る頃には殆どしません。

強い香りが苦手な方には微香性がおすすめです!


まとめ

男も女も30代辺りから肌の調子が変わると言われています。一度使い始めたらやめる事は出来ないかもしれませんが、使わなければずーっと乾燥肌のままかもしれません。

ボリボリと掻きむしっている姿も傍から見たらみっともないですもんね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする