アクセス解析" /> バイクの保管方法

バイクの保管方法

こんにちは!

今日はカブたげの事では無く、バイク全般の保管に付いて思った事を書こうかと思います。バイクどころか自動車や自転車も似たようなものかもですね。

さて、みなさんご自宅ではどのような環境で保管されていますか?

屋根付きのガレージにて保管されている方や、自宅前に道路にそのまま停めている方もいるでしょう。自分はバイクには申し訳ないのですが、雨ざらしです(>_<)

自宅前の駐輪スペース

自宅前の駐輪スペース

自宅が集合住宅なんですが、屋根付きの駐輪スペースがありません。バイクカバーの購入も検討していますが、毎日掛けたり剥がしたりって作業は通勤前や帰宅直後にするには結構億劫です(>_<)

あとはカブプロでリヤキャリアに大きなボックスを付けたフォルムにフィットしそうなバイクカバーがなかなか見つからないのも理由の一つです。

スポンサードリンク

先日、JMSのボックスを取り付けるさいにリヤキャリアを外しましたが、噂に聞いていた通りキャリアの裏側は、サビがういていました(>_<)

一応シリコンスプレーのようなものを塗布しておきましだか、一度サビが浮くと綺麗に磨くのも骨がおれますよね。

自分は通勤時に雨が降っていてもカッパを着用して、雨の降る中でもバイクで最寄りの駅まで走っています。

そのような使用状況なので、尚更カバーをかけるのが億劫なのかもしれないですね。

自宅以外でも重要な保管場所ってありますよね。サラリーマンや学生で通勤、通学でバイクを使用する方は自宅の保管と駐輪場等の保管と双方ともかんがえてくみましょう。

平日は自宅を出て仕事から帰るまで、およそ12時間あるので一日の半分は駅近くの駐輪場に停まっている事になります。そして、駅近くの駐輪場はなんと屋根付きです!!つまり我が家のカブプロは半分は屋根付き保管となっています。

駅近くの駐輪場

駅近くの駐輪場

雨以外でバイクの保管で気を付けたいのは直射日光ですね。JA10の外装パーツの塗装がどの程度の物かはわかりませんが、塗装がハゲハゲのスクーターを街中で結構みかけますよね?

自分のなんの根拠もない考えですが塗装の劣化は風雨によるものより直射日光の紫外線なんかの方が強烈な気がします。

塗装だけではなくタイヤや、各部品のパッキンなどのゴム部品、こちらも直射日光の紫外線は大敵でしょう。雨に濡れることよりも長時間直射日光を浴びさせないことの方か重要と考えています。

休日を除けば、日中は屋根付きの駐輪場に停めているのですから、自分のカブプロは紫外線の影響は多少は緩和されているのでしょう。

屋根付きと言っても時間帯によっては直射日光も浴びるし、照り返し等の影響もあると思うのでワックスやコーティング剤なんかの使用も効果的なのかも?

スーパーカブの場合、「ある程度くたびれた方が味が出て良い」なんて意見もあるようですが、せっかく手に入れた新車なので、なるべく綺麗に乗っていきたいです。その上でくたびれて来てこその味だと思いたいですね。

冬の霜対策の記事をアップしました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする