アクセス解析" /> JMSボックス取り付けの改善

JMSボックス取り付けの改善

昨日カブプロに取り付けたJMSラゲージLですが、本日の日中にちょこっと出かけた際に気になったことがあったので早速改善しました。

まず1点目は、

JMSはFRPで作られていますが、内貼りなどはなく内側は無垢なFRPです。

バイクは走行中に傾いたり、加減速したりするので、ボックスの中に入れてあるものが結構暴れます。そうするとFRPの箱と言うものは結構な音がしますねぇ・・・

スポンサードリンク
JMSラゲージボックスの内側

JMSラゲージボックスの内側

ガタ!

ゴト!

ゴロゴロ!!!

う~ん、ちょっときになります(@_@;)

そして2点目は、

背中が痛痒い><

ライディングポジションは、ボックスの取り付け位置を後方にずらしてあるので窮屈ではないのですが、せっかく寄り掛かれるものがあるので、信号待ちや、ゆったりと直線道路を走行中などは寄り掛かっちゃいます。

すると、、、、う~~~ん(ー_ー)

心地悪いww

ボックスの上部の角が当たるので結構痛い><
さらに、バイクの振動で共振するみたいで背中の触れている部分が痒くなってきますww
ブルブル振動する電動マッサージ機を当ててると痒くなる感じですw

以前のっていたC50カブのGIVE―E26にはバックレストを付けていました。このバックレストが優秀でとても座り心地が良かったのです!

give-e26を付けたC50カブ

give-e26を付けたC50カブ

JMSにはバックレストのオプションはないですねぇ・・
なければ自分で何とかするしかない!
と言う事で、以上の2点を早急に対処したくホームセンターいろいろ物色します。

とりあえずBOXの底に敷くものを探しましょう

クッションシートはいろいろあるけど丁度良いサイズがありません。。。
布のような物だと取り付けに両面テープとか使わないといけないですかねぇ。。。
う~ん。。。。

ウロウロしていたらありました!タイルカーペット!!!

タイルカーペット

タイルカーペット

タイルカーペットは裏側がゴムで出来ていてしっかりしていますし、ハサミでの加工にも問題なさそうです。
これをチョキチョキして、ボックスの底面に敷きましょう。

こんな感じになりました!!

中敷き装着後のJMS

中敷き装着後のJMS

裁断するときは箱のふたに乗っけて、ふたよりも5ミリくらい小さめに裁断して角をちょこっと切り取ればだいたいOK!あとははめてみて微調整でしっくり装着でいました^^

腰当部分はあまりいい感じのものがなかったのでとりあえず発砲ゴムテープの5cm厚の物を貼り付けです。

写真を撮り忘れてしまったので昨日の記事の流用ですが同じシリーズの厚さが5cmの物を購入しました~。

発砲ゴムテープ

発砲ゴムテープ

乗車位置で背中~腰が当たる部分を確認しながら、長さを調整して貼り付けます。

ふたの角だけじゃなくてちょっと下側にも張った方が良さそうなのでこんな感じになりましたよ~

腰当部分に発砲ゴムテープを張ってみました

腰当部分に発砲ゴムテープを張ってみました

腰当部分に発砲ゴムテープを張ってみました

う~~~ん。見た目が微妙ですねぇ・・・

ななめ上からの画像

ななめ上からの画像

ちょっとあれなので、そのうちにGIVEのバックレストなどを流用してかっこよくしたいですね!!

楽天でさがす

楽天でさがす

JMSボックス関連記事
2014/10/12:JMSラゲージボックスのセキュリティ強化!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする